2011年08月02日

円高

 トシです。円高が気になります。ここ1週間ほどは、アメリカの債務上限引上げ法案

が可決されるか、デフォルトに陥るか、国債の格下げか、が取り沙汰されて急激な円高

・ドル安です。デフォルトが避けられても、経済の上昇期待や国債の格付け維持がない

と、市場はドルを買わないでしょう。


 国債の格付けって、国のブランド力や人気で決まっているのでは?と思います。アメ

リカに関しては、「アメリカをトリプルAと基準にして、他にトリプルAにしてやっても

いい国はお前らかな。」ぐらいな感じで決めたんじゃない?って思います。ホントは、

石油、貴金属、レアアースなどの資源を持っている国の方が、いざという時の担保が

あるから格付けは上に来るべきじゃない?とも思います。現在トリプルAのアメリカ、

ドイツ、フランスは、担保になるだけの資源や産業を持っているのかな?


 それにしても、格付けって、AAとかプラスやマイナスとか使わないで、A、B、C、

・・・とすっきりさせて、投資適格はF以上とかにしとけばわかりやすかったのにね。 

では、また次回。



図解入門ビジネス 最新国債の基本とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Business Guide Book)
そもそも国債って何?


世界国債暴落 ―世界を蝕む日本化現象
日本化現象なんて言葉も・・・。



ラベル:円高 国債 格付け
posted by トシ at 12:01| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。