2011年09月29日

1000万円

 トシです。 先日、兵庫県で「ゴミのカバンから1000万円」のニュースをご紹介しましたが、

今回は、9月22日に埼玉県坂戸市の公衆トイレから1000万円が拾得されたニュースです。 

今回はレジ袋に入っていて、メモがあったそうです。 メモには、「わしはひとりぽっちです。

東北の人に使ってもらって下さい。」とあったそうです。 なんか、被災者とどっちが可哀想だ

かわからないですよね。 一人暮らしの寂しい高齢者ではないか、と心配です。 せっかくの

募金も、秋風のように冷たい印象のニュースになりました。 

 もう、お金にも執着が無いのでしょうね。 直接赤十字に寄付して、きちんと領収書もらって

申告すれば税金の対象が減らされて節税できるのに、しないわけですから。 お金に執着が

無いって、使い切れないほどあるのか、欲しい物も使いたい用途も無いのか、やっぱり後者だ

と寂しいですよね。

 もし、個人が寄付をするなら、赤十字や公共団体に渡すよりも、被災地の困っている個人に

あげるなり融資するなりしてあげた方が良いと思います。 1000万円を広域の人に分けても

効果が薄いけど、本当に困っている中小企業の社長などにとっては起死回生で従業員の雇

用も守れるかもしれません。 そして、そこで「ひとりぼっちじゃない」人とのつながりも出来

ると思うのですが・・・・。 お金持ちの方は、ぜひご一考を。  では、また次回。







ラベル:1000万円 募金 東北
posted by トシ at 15:11| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。