2011年10月01日

ロールスロイスEV

 トシです。 まあ、時代の流れですから、どの自動車メーカーも電気自動車の開発をして

いるわけですが、あの世界一の高級車メーカー、ロールスロイスから電気自動車の試作車

が公表されました。 全長5.8メートル、重さ2.7トンの大型セダン「ファントム」をEVに改造

したもので、2個の電気モーターを車体後部に、大型のリチウムイオン電池を車体前部の

ボンネット下部に搭載しているそうです。 電池だけで640kgもあり、乗用車用では世界最大。

1回の充電時間は8時間で、200キロメートル走行できます。市販の予定はないそうですが、

ロールスロイス社は、静かさが求められる高級車と音が小さなEVは相性はいいとみており、

各国で展示会を開いて顧客の反応を見極めたいということです。 絶対売れると思います。

値段を気にしなくていい人に。 では、また次回。

今回の試作車は四角ばってますが、昔のは優美ですね。




posted by トシ at 23:02| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。