2012年10月09日

iPS細胞 山中伸弥教授 ノーベル賞受賞

iPS細胞の研究が評価され、京都大学教授・iPS細胞研究所所長の山中伸弥さんが

今年度のノーベル賞医学生理学部門を受賞しました。 ようやく、このニュース

が尖閣諸島問題からトップニュースの座を奪いましたね。 iPS細胞は万能細胞と

も呼ばれますが、まだたくさんの機能を持つことが出来るというだけで、実際の

臨床段階までまだまだ時間がかかると山中伸弥教授もおっしゃっていますので、

日本政府はこの分野をもっともっと支援してほしいです。


NHKスペシャル “生命”の未来を変えた男 山中伸弥・iPS細胞革命 [DVD]


(2012/10/09)


posted by トシ at 10:38| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。