2012年10月20日

フィギュアスケート 羽生結弦 世界歴代最高得点

フィギュアスケートの国際大会グランプリシリーズ第1戦が19日、アメリカのワシントン州で

開幕し、男子のショートプログラムで、17歳の羽生結弦選手が世界歴代最高得点の95.07

をマークして首位に立ちました。昨シーズン世界選手権3位の羽生選手は、最初の4回転ジャン

プを見事に決めると、そのあとのトリプルアクセル、それに3回転の連続ジャンプをミス無くま

とめ安定感ある演技で観客を魅了しました。羽生選手は、昨シーズン高橋大輔選手がマークした

ショートプログラムの世界歴代最高得点を1.07上回る95.07をマークし、初日のトップ

に立ちました。 2位には小塚崇彦選手が自己最高得点となる85.32で続いています。 高

橋大輔選手は第1戦に出場していませんが、若い選手の台頭があってうかうかしていられないで

すね。

フィギュアスケート オリンピック史上最高のパフォーマンス集II DVD

フィギュアスケート オリンピック史上最高のパフォーマンス集II DVD


(2012/10/20)


posted by トシ at 21:01| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。