2012年12月10日

敦賀原発 再稼働不可

敦賀原発の下にある断層について、原子力規制委員会の専門家調査団は12月10日、

原子炉直下にある断層(破砕帯)は活断層の可能性が高い、と判定しました。 

現在でも国の指針では、原子炉建屋など安全上重要な施設を活断層の上に設置する

ことを認めておらず、再稼働は不可、廃炉を迫られる可能性が高くなりました。 

地震による放射能汚染に関しては安心な方向ですが、経済的な問題、雇用の問題、

電力料金の問題、電力供給の問題、廃炉の問題などなど問題があまりにも多いです。 

化石燃料に乏しい日本が、原子力発電に期待したのは理解できますが、地震国であり

人口密集国である日本を考えると、やはり原子力は間違った選択だったのですね。


敦賀湾原発銀座[悪性リンパ腫]多発地帯の恐怖

(2012/12/10)


posted by トシ at 18:00| Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。