2013年05月11日

CO2濃度 過去最高

アメリカ海洋大気局が、ハワイにあるマウナロア山の標高3400メートルの地点に設けた

観測所で測定している大気中の二酸化炭素(CO2)の濃度が、過去最高の400ppm(0.04%)

になったそうです。 1958年の観測当初は上昇幅は毎年0.7ppmだったのに、この10年は

2.1ppmと3倍の速さになっているそうです。 地球温暖化の主な原因となっている二酸化

炭素の濃度が、過去最高になったことで、化石燃料の消費を減らす必要があると再認識

されました。 でも、原発を削減しなくちゃいけないから、早く自然エネルギー、再生

可能エネルギーをメインにしないといけないんですね。




「地球温暖化」神話 終わりの始まり



地球温暖化 関連商品


(2013/ 5/ 11)


posted by トシ at 14:09| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。