2013年08月04日

竿燈まつり 始まる

東北を代表する夏祭りのひとつ、秋田市の「竿燈(かんとう)まつり」が8月3日から始まり、

稲穂に見立てた黄金色の竿燈が夏の夜空を彩りました。 「竿燈まつり」はちょうちんをつ

けた竹ざおを稲穂に見立てて、高く掲げて五穀豊じょうを祈る秋田の伝統的な祭りで、国の

重要無形民俗文化財に指定されています。 竿燈は大きなもので長さ12メートル、重さは

50キロにもなり、竹ざおには46個のちょうちんがつけられています。 これを自在に操る

のですから、相当な腕力ですね。





(2013/08/04)


posted by トシ at 22:37| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。