2015年01月20日

斉藤仁

1984年のロサンゼルスオリンピックと1988年ソウルオリンピックの
柔道男子95kg超級で、二大会連続で優勝した斉藤仁氏が、1月20日深夜
に大阪府内の病院で亡くなりました。 二年前から胆管がんの治療をしていて、
昨年夏から病状が悪くなっていたそうです。 54歳の若さでした。 

現役時代はオリンピックでの活躍、全日本選手権での山下泰裕選手との名勝負
など、印象に強く残る選手でした。 現役引退後は、母校国士舘大学教授となり、
2004年アテネ五輪、2008年北京五輪で日本男子選手団監督を務めました。 

その後、全日本柔道連盟の強化委員長となり、2013年には女子日本代表指導
者のパワーハラスメント問題に対処し、体制の改善にあたっていました。  
残念です。

(2015/1/20)


posted by トシ at 15:30| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。