2016年11月29日

数の子

数の子はニシンの魚卵。
ニシンをカドイワシと呼ぶ地域があって、
その卵だからカドの子と言われていたのが、
数の子と呼ばれるようになったという説が有力です。


お正月のおせち料理には欠かせない数の子ですが、
松前漬けやわさび漬けなどに入っているのも美味しいです。




posted by トシ at 11:35| Comment(0) | 新商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。