2017年03月08日

赤ちゃんの未来を救う会

千葉県にあった特別養子縁組のあっせん団体「赤ちゃんの未来を救う会」の元理事ら2人が、
営利目的で子どもをあっせんしたとして、児童福祉法違反の疑いで警察に逮捕されました。


養子縁組で赤ちゃんを希望する夫婦から約200万円を受け取っていたそうです。
一人は営利目的と認めていて、もう一人は実費だと言っているそうです。
営利目的で赤ちゃんをあっせんしたら、はっきり言って「人身売買」ですよね。
団体名ともちょっと違うような気がします。







posted by トシ at 19:35| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。