2017年06月05日

身代金ウイルス

パソコンのデータを勝手に暗号化して開けなくして、データを復活させるためには
お金を払えという身代金ウイルス「ランサムウェア」を作成したとして、大阪府の
14歳の少年が逮捕されたそうです。
不正指令電磁的記録(=コンピューターウイルス)作成容疑などの疑いです。


世界的に伝染したのは、本当にこの少年が作ったウイルスだったんでしょうか?
14歳でこんなことが出来るのなら、逆にホワイトハッカーや警察のサイバー犯罪捜査官
として将来有望なんだけどな。




posted by トシ at 13:31| 新商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。